「美の技を公開」 Miho Sato トリートメントレシピ

  • 6* ⑤.赤みが出やすい部分

    2017年05月8日

    d4d366be2ae8cfd6b4ab1374852f8500

    6* ⑤.赤みが出やすい部分

     

    2016-01-28 Miho Sato 美トリートメントレシ

    ⑤.赤みが出やすい部分そもそも、この赤は何の色でしょう?・・・血液の色です。一番表面の角質層の中には血管は無いので、
    その下の真皮に毛細血管が張り巡らされています。

     

     

     

    赤く見えるのは、この毛細血管が透けて見えるからなんです。

     

    どんな時に透けて見えるのか?

     

    血流が増した時!

     

    何で血流が増すの?

     

    外からの刺激を受けると!

     

    刺激って?

     

    温度差

    摩擦

    衝撃

     

    ★本来、一番上にある角質層が守ってくれるのですが、

     

     

    角質層が薄かったり、弱かったりすると衝撃を受けやすい状態になります。

    よく赤みが出やすい場所がある方は、その部分の角質層が弱くなっているかもしれません。

     

    例をあげると

     

    頬骨の上」

    皮膚が張って伸びているので毎日の洗顔時の摩擦、
    紫外線にあたりやすい位置などの要因からダメージを受けやす場所です。

     

     

    「鼻のあたま」

    ここも皮膚が張っている場所です。
    冷たい空気にあたった時に赤くなる方がいます。
    他に、赤くなりやすいお客様の原因をみてみると、鼻のかみ過ぎ。
    この場合は、鼻の下も赤くなっています。
    あとは、角栓(毛穴のつまり)が気になっていじってしまった。
    意外とご自身で傷つけてしまう事が多いかもしれません。

     

     

    「頬全体」

    これは、要注意!
    角質層が広範囲にわたりダメージを受けている可能性があります。
    乾燥しやすいお肌の方、角質層に充分な水分が無いため
    細胞も元気がなく、配列が整っていないため充分なバリアー機能が低下しています。

     

    簡単な水分補給のお化粧品だけでは、なかなか改善さません。

     

    赤みが出た時は、鎮静の化粧品を使う

    赤みが落ち着いたら、デイリーケアとして、2つ行ってください。

     

    ・水分補給
    ・ディクリームで保護 ← ここは重要です!

     

    今現在のお肌状態では、保護機能が弱いので、「ディクリーム」の助けをかりて保護することが必要です。

     

     

    サロンケアでは、よりしっかり有効成分を浸透させ早くお肌の調子を上げたいところ・・・
    そのために、この有効成分をイオン導入したいのですが、微弱の電流でゆっくり浸透させます。
    私がいろいろ試した中では、
    MIREYの高濃度酸素オイルで、摩擦を控えたマッサージの後、高濃度ヒアルロン酸を浸透させる。
    仕上げは、敏感肌用を使わず、水分補給のクリームを使用した方が無理なく早く回復しました。

     

    今、まさに乾燥から赤みが出やすくなって肌状態を崩しやすい時期です。

     

    乾燥の原因は、「冷たい風」「暖房」
    そして、パソコンがたくさん置いてあるオフィスに一日中いる方、
    「静電気」これらは、お肌を本当に乾燥させます。

     

    日常の防御方法は、

    「お肌を守るディクリーム」
    「お水をたくさん飲んで、体の内側から水分補給」ディクリームはお肌別にいろいろあるので、もし迷ったら

    20代までは、水分補給ラインを
    30才からは、エイジングラインのクリームを選らんでみてください。

     

     

    水分補給は、「美しくなるお水」と、思ってたくさん補給してください~。

     

    ***

    付け加えですが、
    マスクを愛用されている方、

    そのマスクの淵、要注意です!

    お肌にあたって刺激になっていませんか?

    頬や口周りに痒みが出たり、赤みが出たら気にしてみてください。

     

    Miho Sato

    ***

     

     

    「老化:たるみ」「トラブル:乾燥、大人ニキビ」などお肌のお悩みは、お任せください。

    スキンケアサロン銀座「KOKORO」

  • Copyright(C) 東銀座 | 築地 | 新富町 | エステ KOKORO|株式会社 B.maam All Rights Reserved. |