「美の技を公開」 Miho Sato トリートメントレシピ

  • 8* ⑦.まぶたのハリ

    2017年05月8日

    1d9a3bef2a06b7b6896fad25bf4c83ac

    ⑦.まぶたのハリ、クマの色、シワ

     

     

    今回は、「まぶたのハリ」についてお話しますね。

    目元は一番先に老化が現れる場所と言われています。

    他と比べて皮膚が薄い上に1分間で15~20回まばたきをしています。

    さらに、皮脂が少ないため乾燥しやすいのです。

    そのため、「まぶたのハリ」が気になるケースは

     

     

     

    質層の水分不足になっています。

    眉毛のところを触ると骨があります。

     

    眉毛-こめかみ―目の下-目頭

     

     

    グルッと丸くなっています。この骨の内側です。

     

     

     
    老化してくると水分の保持力が衰えます。
    ともなって真皮の活力も無くなり「ハリ」が無くなってきます。
    ホームケアでも、サロンの目元用商材でも
    目元に使用する化粧品は、ヒアルロン酸が主に入っています。

     

     

     

     

     

     

    老化以外に影響されることは

     

    *過度なクレンジング 

     

    *コンタクトの装着など、よく触る 

     

    *乾燥して抵抗力が無くなり、痒みが出てこすってしまう。

     

    などが、考えられます。

     

    デリケートな場所だということを踏まえて

     

     

     

    して、目をゴシゴシこすったりしないようにしてください。 

     

     

     

    優しいクレンジング剤を使い、毎回丁寧にアイクリームを塗ってあげることが大切ですね。

     
    皮膚の厚さについて、本当にうす方は毛細血管が透けて見えています。(2*「お肌の性質」ハリとたるみ具合をみてみよう でも書いています。)

     

     

    実際は、他の皮膚の1/3程度の厚さになためか大きな個人はあまり感じられません。

     

    基本、皮膚が薄くとてもデリケートな部位なので、他のお顔の部分とは別と考えてください。

     

    もし、まぶたをつまんで厚いと感じられのであれば、まぶたの下の脂肪の厚みなります。

     

    目の周りの脂肪については、また改めて載せます。

     
    腫れやすい方は、目が大きくて出ている方は腫れやすいです。

     

    施術の時も、あまり深追いしたケアは避ける様にしています。

     

     

     

     

    それと、メイクも自ら目元を痛めている原因を作っている場合があります。

     

     
    落とすことが大変なアイメイクは、出来るだけ避けた方が良いですね。

     

    オイルではないと落ちない成分のマスカラや、落ちづらいアイライナーなどですと、

     
    オイルクレンジングで浮かせて取る時に、必要な皮脂も一緒に浮かせています。

     

    さらに2度洗いで水溶性のクレンジングでしっかり取ってしまっています。

     

     
    勝負の日以外は、目元はやさしいメイクで過ごしていかがでしょう(*^_^*)

     

     

     

     
    まとめると

     
    *まぶたは、皮脂が少なく薄いため痛みやすい。

     

    *やさしいクレンジングとアイクリームで日々のお手入れを

     

     

    ●こすらない、触らない

     

     


    ●落ちずらいメイクは避ける

     

     

     

     

    ***

     

    目元のお労りメイクも見直してみる価値ありですよね。

    固いペンシルで描くより筆を使ったり、マスカラを落とす時めん棒でまぶたにあたらないようにしたり

    メイクはほぼ毎日の事なので、積み重ねは大きいですよね。
    メイク用品を選ぶ時、いかに落ちないかも大切ですが、

    お肌を傷つけない事もお化粧選びのポイントにしてみてはいかがでしょう?

     
                         Miho

     

     

     

     

    *** 

          

  • Copyright(C) 東銀座 | 築地 | 新富町 | エステ KOKORO|株式会社 B.maam All Rights Reserved. |