「美の技を公開」 Miho Sato トリートメントレシピ

  • 9* ⑦.目元のクマ

    2017年05月8日

    78ec97be0be282b6c4cff4e4d1980569

    目元のクマ

     

     
    目元のクマはずぅっととれない、と長期間お悩みの方が多いかと思われます。

     

     

     

     
    改善するためには、身体の内側、皮膚の内側。

    そう、内側の問題を解決しないと難しいのです。

    その方の原因と長期的に見た改善が必要になります。

    見た目から言うと、

     

     

    ①.目の下が「青く」なっているケース


    .まぶた、目の下が「黒く」あるいは「茶色く」なっているケース

     

     

     

     
    クマが出来ている場所でおこっている皮膚の状態は

     

     

    ①.「青いクマ」角質層の下の血管の色です。

     

     

     

     

     
    主に血流が悪い事が原因です。

    なぜ血流が悪くなってしまうのかを原因を知ることが大切です。

    目の周りだけではなくて、

     

     

     

    ・首の後ろ・肩・背中のコリは大丈夫ですか?

    ・手足が冷えやすくないですか?

    ・寝不足は?

    ・栄養バランスは?

    ・冷たいものばかり食べていませんか?

     

     

     

     

     

     

     
    毎日、寝る前にお風呂にしっかり浸かることをお勧めします。

     

    半身浴も良いのですが、首、肩、背中の場合は

     

    しっかり首まで浸かるようにおすすめしています。

     
    それと、手足、末端の冷えと代謝が悪くむくみやすい方は

     

    風呂に浸かりながら、足裏のマッサージを

     
    人差し指、中指は目の反射区です。

    ただ、目自体ではではなく目の周りの血流なので

     
    代謝を上げる反射区を押したり揉んだりして刺激してください。

    かかとの上からつちふまずにかけて辺りです。

    冷えている末端の指先をほぐしながら、代謝UPの反射区を刺激するのが

    良いと思います。

     
    自分で出来るおすすめのケアまとめは

     

     

     


    「湯船で身体を温める」「コリ、末端の冷えをとる」「足裏の反射区刺激で体の内側から代謝を上げる」

     
    ②.「茶色、黒いクマ」

     

    こちらは、さまざまな原因が考えられます。

     

    ・色素沈着

    ・皮膚の老化

    ・目を酷使している、疲れ、ストレス(パソコンなど)

    ・青クマと同じように代謝が悪い

    ・目の周りをよく擦る(アトピー、ドライアイなど)

     
    皮膚が黒く見えるのはメラニンが多く出ている状態が考えられます。

     

     

    皮膚の老化については良い化粧品で毎日のお手入れが必要です。

     

     

    日常の生活習慣や疲れなどから、血流が悪くなり皮膚に栄養が十分にいかなくなります。

     

     

    擦ってしまう方は、痒みの原因を解決しないとですね。

     
    自分で出来るおすすめのケアは

     

    毎朝、晩、の栄養を与える化粧品を使う

     

    疲れを溜めこまない。

     

    身体を冷やさないなどです。

     

     

     

     

     

    下の写真も参考にしてください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    サロンでクマが改善できた施術ケースをいくつかご案内しますね。

    クマが出来ている方のほとんどが、肩こり、背中のコリがつらいとおっしゃいます。

     

     

    実際にみさせていただくと、首の上の方、髪の毛の生え際が異常に固くなっています。

    あまりにも凝り固まっている場合は、ストレッチをしながら行います。

    この時、固いところをダイレクトに指で一点押ししてしまうと、かえって筋肉を傷めることがあります。

    よく、痛いほど効いていると思われている方がいますが、全体的にほぐしてからある程度ほぐれてから一点押しを行った方が良いです。

     
    その次に、こめかみからこめかみの後ろにある側頭筋も凝り固まっている場合が多いので、ここもほぐします。

     
    ここまで丁寧にほぐしてあげると、血流が良くなりじわっと目も潤って頭部が温まってきます。

     

     

     

     

     

    それと、最近、低周波で目の周りの筋肉を刺激し活性させると

    ハリが出てクマも大分改善される事を発見!

    低出力でポイントをおさえて行います。

    美容外科の先生が発表している文献で、筋肉の衰えも重要な要素だというのを拝見し

    実験してみました。

    化粧品のだけ頼った施術より、持続性が良いと思われます。

    現在あるアイケアのトリートメントをもう少し改良して、新しくアイケアメニューを作る予定です。

    こちらは、こうご期待です。

     
    現在は、GUINOTのイドラデルミー(イオン導入&高周波)でアイケア専用の化粧品を浸透させ血行を促進させるトリートメントで対応をしております。

     

     

    ***

     

    青いクマは、不健康にみられてしまいます。
     

     

    茶色のクマはあるのと無いのでは見た目の若さに大きく関わりますよね。

     

     

    実際の年より老けてみえてしまう大きなポイントです。

     

     

     

    長い目でみての改善になりますが、がんばりましょう♪

     

    Miho Sato

     

     

    ***

     

     

     

     

     

    明日、もっと輝くために」 スキンケア専門店

    スキンケアサロン銀座「KOKORO」

  • Copyright(C) 東銀座 | 築地 | 新富町 | エステ KOKORO|株式会社 B.maam All Rights Reserved. |